今日、変な運転をする人が前にいました。
コンビニの駐車場をショートカットし、細い道に突入していったいた人がいました。
私は、どちらかというと太い道で流れに沿って運転するのが好きです。
結果、私のだいぶ前の方にいたのに、しばらくしたら私の後ろになっていました。
急いでいるのでしょうが、逆効果ですね。
道の上で焦る前に、早く出発して時間に余裕を持たせるか、一本連絡して少し遅れると伝えれば良いんじゃ無いでしょうか?

住宅の計画でもたまにあります。
ご提案したものから「もっと、ああしたい、こうしたい」という前向きなご要望は大歓迎ですが、
失礼ですが奇想天外なアイディアで施工方法を変えてくれと言う物があります。

総予算を削りたいときに、そんなご意見が出ることがあります。
正直、その奇想天外なアイディアは実現のために手間が掛かるので、予算が下がることは無く、かえって高くなります。

私たちを含む良心的な建築屋であれば、最初からご要望を最適な形でコストパフォーマンス良く実現するために、頭をひねってご提案を用意しているのです。

住まいの打ち合わせの時に、金額を減らすために頭を使うようになったら、残念ながらそもそも予算が不足している証です。
厳しいようですが、妙な節約のための打ち合わせをいくら重ねても良い住まい・リフォームになった経験がありません。
ご予算を上げて貰うか、ある部分をあきらめて頂いた方が良いと思います。

割り切ると、人生楽しいですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください