リフォームをする時には、柱を抜いたり壁を抜いたりしたい時もあります。
もし図面が残っていればその図面からいていい柱なのか壁なのか判断することができます。図面が残っていないと、大変です。

天井裏に持って調査するとその家の構造が多少はわかるのですが、天井裏へ潜るための工事費が必要になってきます。
ただ、天井裏に潜って見て見てもよく分からないという時もあります。結局、柱と壁は残しておこうという事になってしまう時があります。
ご提案の自由度が下がってしまうのです。

楽しくて自由なリフォームのためにも、ぜひ家を建てた時の図面は取っておいてください 。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください