去年お引き渡しのお客様と床の話題で盛り上がりました。

「多少は覚悟していたけど、も~傷だらけ!でもこの床で良かった!」

この感想が無垢フローリングの全てを語っていると思います。

性能で言えば今や完全に合板フローリングの方が良いのですが、足裏から伝わる柔らかさが全く違うのです。

そして、付いた傷や汚れが思い出となっていきます。
お子さんがよく遊んでいる場所に傷が付きます。
みんなが集まる場所から汚れていきます。

床に家族の生活の記憶が刻まれていくのです。

いつまで経っても表情の変わらない物より、なんか良くないですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください