私が、引き継いだ空き家を貸すのをあまりお勧めしない第一位がこれです。
「大家さんはお金がかかる」
それも、急にです。

大家さんとして建物を人に貸した以上、どんな特約を付けて契約書を結んだとしても、
建物として最低限の機能の部分に関する補修はしなければならないというのが付いて回ります。

例えば、雨が漏れないようにとか、お湯がいつでも使えるように、シロアリのいない家にするように等です。

こういった部分に関する修繕は、
「もう古い建物だから自分で直してね」という特約は無効です。

しかも、こう言った大切な部分の修繕はとてもお金がかかります。
50万円・100万円といった金額がバンバン出ていきます。
古い家は、立て続けに悪いところが見つかるときもあります。

「200万円~300万円ぐらい急に出て行っても、まぁ大丈夫。」
という余力があるのが、大家さんになるスタートラインと言ってもいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください