住まいを表現するのに「生活感」という単語をよく耳にします。

「なんか、ごちゃごちゃしている。」
といったニュアンスであまりいい意味で使っている方は少ないのではないでしょうか?

この「生活感」のほとんどは

「洗濯物」と「床の上に置いたもの」

から発生しています。

ですので、
最初の設計の時点で、リビングやダイニングに物があふれないように多めの収納を取って
リビングやダイニング以外に室内で洗濯物を干すスペースを計画してあげると、
そんなに頑張っていないのに、「生活感」のないスッキリとした暮らしができます。

ちなみに私は、リビングやダイニングから洗濯物が見えるのがどうしても嫌だったので、専用のスペースをばっちり設計しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください