断熱材を壁に詰め込む、
断熱工事が完了しました。

断熱材はセルロースファイバーを選定しました。

セルロースファイバーとは、古新聞を細かく切り裂いた物です。
これを壁のなかに、吹き込んでいきます。

なぜセルロースファイバーなのかについて、
語り出すと1時間程度掛かってしまいそうなので、割愛します。

気になる人はじっくりお話しいたしますので、事務所までお越し下さい。

キッチンやお風呂はリフォームで取り替えるかもしれませんが、
断熱材を取り替えると言うことは、まず無い。
と言うことで、多少値段は張りますが

北海道でも次世代省エネルギーをとれるような量を詰め込んでいます。

よーく見ていただくとわかりますが、
大量に詰め込んでもらったので、壁より少しふくらんでいます。
これをぎゅっと下地材と石膏ボードで閉じこめるわけです。

 

基本的に中澤工務店はオーバースペックです。
でも、10年後、20年後はこのくらいが普通になっているはずです。

たぶん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください