毎日のお風呂、私のささやかな楽しみです。 仕事がうまく終わって明るいうちから入れれば、もう最高です。 写真は入居から4年たった我が家のお風呂   

キッチンのリフォームがスタートします。 汚れて、壊れて、使い勝手が悪くなったキッチン。 美しくリフォームいたします。

「今までの住まいが、大変暗いので、明るい家で過ごしたい。」というご要望のお住まい。 南面にダイニング、リビング、和室を一直線に並べて、明るく   

駅前の人通りの多い立地に建つが、人目を気にせずくつろぎたい。 私の一番の希望でした。 そのために、北側にリビングを配置し、不足する日光は吹き   

ほどよい距離をとりながら、家族の繋がりを感じられる大空間のお住まい。              

GWは久しぶりに、大学時代の友人達とバーベキュー&お泊まり。 皆、家族を持って、オジサンになってきました。 ただ、太ったのは私だけで   

トイレを入れ替えました。 十数年使い、様々な機能が反応しなくなってきました。   新しい便器は、 中澤工務店おすすめ、「TOTO    

昨年、新築をさせていただいたお住いの外回り工事です。 冬の間に計画を詰めて、暖かくなったところで施工に入りました。 道から玄関までが土だった   

築数十年の農業用倉庫。 老朽化が進み、鉄骨の柱も腐食が進んできたので建て替えをご提案いたしました。 解体工事。 簡単な鉄骨造でしたので、上は   

  10年に一度点検、30年に一度メンテナンス 古来よりある「瓦」と言う素材は、表面が焼き固められており、耐久性の非常に高い素材で   

  早めの交換が安心です 10年以上使った給湯器は、寒い冬の日に突然止まります。 給湯器の中の様々な部品が使っていく内に傷んでいき   

雨樋ってなぜ必要なのでしょう? なんとなく、住まいの耐久性に関わりそうだ。 とご理解いただいている方も多いかと思います。 確かにその通りなの   

「絶対に痛めてはいけない」から予防する。 床の下で家を支える材木達。 実は痛んでしまうと最も直しにくい所なのです。 そして、残念ながら、直し   

住まいを劣化させる一番の原因は水分です。 外壁の塗装が劣化してくるとそこから水が染みこみます。 そのまま放っておくと、柱などの重要な部分まで   

外壁の塗装をすると、どのお客さまからも、「新築した時に戻ったみたい!」というお言葉をいただきます。 足場が掛かり、工事をして、足場が外れた時   

家に帰るのが楽しみになるお風呂 お風呂がキレイでくつろげる空間だと、早く家に帰りたくなります。 想像して下さい。 肌触りの良い浴槽に頭を預け   

設計士が提案するトイレは毎日スッキリ。 トイレという小さな空間でも、新築を手がける設計士が提案します。 便器だけでなく、壁や床の素材・手すり